保育園の持ち物は何が必要?年齢別の持ち物を解説します!

保育園

保育園の入園が決まると、必要なものを準備したいですよね。

用意するものは基本的に入園説明会などでリストが配られます

園ごとに細かいきまりがあるので、リストを見てから準備をすることをおすすめします・・・が!

この説明会が結構ぎりぎりなんですよね

仕事復帰もあるので早めに準備したいところなのに。

うちの保育園の入園説明会は3月下旬で、その時に持ち物の説明もありました。

卒園式の次の週に説明会、で感じだよね。
書類は先に郵送されてくるけど2月末だったなあ。

そこから全てを準備するのは大変なので、こんな感じが多いんだな、と参考にしてもらえたら嬉しいです。

年齢別に解説!必要なものリスト

全年齢共通で必要なもの

うちの保育園では全くない指示なのですが、園によっては「手作り」指定のものもあるようです!

働くお母さんばかりなのになんて指示だ!しかも期間が短い!と思うのですが・・・。

ここでは手作りかどうかは問わず、必要なものだけをまとめますね。

必要なもの 補足説明
通園バック

なんでもOKです。

0~1歳は親が持つことがほとんどなので、リュックや横長の手作りバックの他に市販のトートバック、エコバックの人もいましたよ

1~2歳クラスあたりからほとんどがリュックでした。

お昼寝用寝具

  • 掛け・敷布団
  • 掛け・敷布団カバー
  • バスタオル(暑い場合の掛け布団)

簡易ベッドのようなものを使う園もあるので、その場合は掛け布団のみでOK。

サイズに細かい指定がある場合が多いので、ここは最後まで指示を待った方が良いでしょう

おしぼり 年齢により1日に2~3枚+引き出しに予備数枚
着替え
  • 肌着
  • ズボン
  • 靴下など

各3枚くらいずつ。

年齢によってこの他にスタイパンツなども必要です。

どの年齢の子も、食事をこぼす、トイレに失敗する、外遊びで汚す、など様々な理由で結構着替えます・・・。

汚れもの袋(半透明のやつ) 使ったおしぼりを入れたり、着替えた服を入れてくれます。
カラー帽子

学年ごとに色が違うので園にお金を払って購入します。

1度買ったら卒園まで同じものを被る場合がほとんどだそうです。

卒園した学年の色が次の0歳にいく感じですね。

お散歩も園庭で遊ぶのも、雪遊び以外は全てこの帽子です。

布団はサイズさえ守れば自分で用意することもOKですが、園で斡旋業者があることが多いです。

ここで頼むと名前を書く枠をつけてくれたり、サイズや細かいきまりも知っていて作ってくれるので正直楽です!

肌着は長袖はOKか確認!
たとえ冬であっても、園の中は空調管理がしっかりしているのでとてもあたたかいです。

そこで走り回って遊ぶので汗をかきやすいという理由から、長袖シャツは不可になっているところも多いですよ。

薄手の半袖シャツかタンクトップ型を選ぶようにしましょう

0~1歳クラス

この年齢の子はまだ自分でできることが少ないので、持っていったものを保育士さんに使ってもらう感じになります。

必要なもの 補足説明
食事用エプロン

毎日3枚+予備

袖ありがOKか、シリコン製はOKか確認が必要です。

月齢にもよりますが、朝おやつ、昼食、おやつと1日に3回も出番がありますよ!

ガーゼ(ミルクを飲む子のみ)

3~5枚

哺乳瓶、粉ミルク

園で用意してくれるのか、各自用意かを確認しましょう。

各自用意したものを、ミルクを飲まなくなるまで園で預かって使ってくれるところもあります。

おしり拭き 1個+予備が常にあるように
オムツ

紙か布かを確認しましょう

紙の場合、毎日8枚くらい用意するよう言われました。

袋ごと預けられる園もあります

オムツマット

3枚くらいが常にあるように。

オムツ替えの度に敷いてくれるので、汚れなければ1日1枚持ち帰るよう言われました。

汚してもいい制作の時に着る服

粘土や絵の具遊びの時に着る専用の服を1枚預けるよう言われました。

その服プラス、下はオムツ1枚で制作していましたよ。

確認①服
洋服は上下離れた服が基本です。

入園時から不可なところと、新しい服を買う時は上下分かれたものにして、と言われるところとあるようです。

肌着も同様で、このクラスだとまだ股ぱっちんの肌着の子も多いですが、遅かれ早かれ普通のシャツにするよう指示があります。

肌着はまだまだ股ぱっちんだったので、「普通のシャツ?!」と驚いたのを覚えています。

確認②靴
このクラスは産まれ月が遅い子はまだ立てない子もいますが、靴が最初から必要かどうかは確認しましょう

みんなでお散歩に行った時に、つかまり立ちでもさせられるように、と用意するよう指示される場合もありますよ。

個別に時期をみて途中から言われる園もあります

1~2歳クラス

少しずつ自分でできることが増えてくるので、自分でやる練習として持って行くものが増えますよ。

0~1歳クラスから引き続き必要なものはこちらです。

  • 食事用エプロン
  • オムツ
  • おしり拭き
  • オムツマット
  • 汚してもいい制作の時に着る服

まだまだエプロンもオムツも使いますもんね。

新しく必要なものはこちらです。

必要なもの 補足説明
パジャマ

お昼寝はパジャマで寝るようになります。

着替えの練習、ということみたいです。

週末に持ち帰りの指示がありますよ。

長袖1セット、半袖1セットで足りました。

パジャマを入れるかばん

大きく開く絵本バック(横長のトートバック)を用意するよう言われました。

自分でパジャマを出して脱いだ洋服を入れる、という練習をするためだそうです。すごい。

お弁当セット

月に1~2度近くの公園などに遠足に行って外でお弁当を食べています。

  • お弁当箱
  • スプーン、フォーク(ケースに入れて)
  • おしぼり(ケースに入れて)
  • 水筒
レインコート バス遠足などの行事での対策で、持ち物リストに入っている場合が多いです。

毎日教えて下さるおかげで、自分で着替えができるようになりました。
服も畳めるんですよ。すごい。

2~3歳クラス以上

保育園によるかもしれませんが、このクラスからぐっと雰囲気が変わり活動内容も活動量も増えている印象です。

1~2歳クラスから引き続き必要なものはこちらです。

  • 食事用エプロン:2~3歳クラスの途中で終了
  • オムツ:オムツが取れ次第終了
  • おしり拭き:オムツが取れ次第終了
  • オムツマット:オムツが取れ次第終了
  • パジャマ
  • パジャマを入れるかばん
  • お弁当セット
  • レインコート 

新しく必要なものはこちらです。

必要なもの 補足説明
スモック

制作活動で汚れるのを防ぐために必要です。

今までの汚して良い服+オムツスタイルから園児っぽくなりますね。

歯ブラシ

ケースに入れて持っていく指示です。

2~3歳クラスからの園と、その1歳上の年少さん相当からの園があるようですよ。

コップ

プラスチック製のものと指示があります。

みんな好きなキャラクターのものを持ってきています。

毎日持ち帰り洗って、次の日持っていきます。

汗拭きタオル

掛け紐がついたものです。

毎日持ち帰りなので、4枚くらい用意すれば足りますよ。

エプロン、三角巾

食育の一環でお料理をしたりお餅つきをしたり、結構使います。

何も指定がない場合もあれば、1人で着れるようにマジックテープ指定だったり、三角巾にはゴムを通して被るだけにするよう指示がある場合もあるようです。

持ち物のきまりはたくさん!事前にチェックして

園での生活で事故やトラブルを避けるために、持ち物には細かいきまりがたくさんあります。

園ごとにきまりがあるのでこれは一例ですが、紹介します!

洋服系でだめなもの
  • スカート、チュニック、フード、紐などの飾りがついたもの
  • ヘアピン:紛失を防ぐため
  • タイツ:裸足になれないので
  • トップスは夏以外はロンTのみ。トレーナー、裏起毛のものは不可

その他

  • かばんにキーホルダーもなくした、壊れたとトラブルになるので不可
  • 布団カバー、バスタオル(掛ふとん)は隔週で持ち帰り洗濯(夏場は毎週)

持ち物は例外なく全てに名前付けが必要ですよ!

名前付けグッズを有効活用して時短でかわいく済ませましょう。

あわせて読みたい↓↓

水遊び、雪遊びで必要なもの

水遊びの用意は簡単!

夏は保育園の敷地内にビニールプールがあり水遊びをさせてくれるところが多いのではないでしょうか。

普段なかなか家では水遊びをさせてあげられないですし、暑い時期なのでありがたいですよね。

夏手前になると、水遊びの用意をするように連絡がきます。

必要なものをまとめますね。

  • プールバッグ:みんなビニールのトートバックでした
  • バスタオル
  • 水着(2~3歳クラス以上)
1~2歳クラスまでは

1~2歳クラスまでは水遊び用に準備したTシャツ布オムツカバー布オムツパッドが水着の代わりでした。

  • 布オムツカバーは園のものを使わせてもらいました。
  • 布オムツパッドは園で用意したものを個人で1枚●円、などで希望枚数を買います。

お天気が良ければ連日水遊びになることもあるので、洗濯が間に合う枚数を用意した方が良いです。

我が家はバスタオル3枚、Tシャツ、ガーゼ2枚、オムツパッド3枚を用意しました。

雪遊びの用意は手を加えるものが多い・・・

地域限定にはなりますが、冬は雪遊びの準備も必要になります。

保育園によってかなり差があるようなので、あくまで参考程度にしてください。

必要なもの 補足説明
ジャンプスーツ(つなぎ)
  • 上下つながったもの
  • フリース地、布地は染みるのでビニール素材のみ
  • 足の裾には長靴に引っ掛けるゴムを縫い付けて
帽子
  • ゴーグルやつばがついたものは不可
  • おすすめはニット帽だそうです
  • 掛け紐を縫い付けて
手袋
  • ビニール製のみ
  • 手首から雪が入るのを防ぐため、大人用の靴下かレッグウォーマーを縫い付けるよう指示
長靴
  • ブーツ、夏用長靴は不可
  • スパイクは不可

長靴はブーツOKの園もありますが、スパイクは危ないのでだめなところがほとんどです。

手袋は文字だけだとわかりにくいので、実際のものを写真で載せます。

こんな感じで手袋を延ばしてあげると、隙間から雪が入らないんですね。

まとめ

最初にも書きましたが、保育園の入園説明会は時期が遅いところがほとんどです。

そこまで何も準備しないと後が大変なので、少しずつ準備しておくのが良いかと思います。

早めに準備してもOKなものは

  • 洋服(シンプルなロンT、パンツだと文句なし!)
  • 名前付けグッズ

です!

保育園の見学に行った時に、気になるポイントを先に質問しておくのもいいですね。

見学のポイントはこちらの記事でまとめています。

インターネットサイトで購入する場合、春は通園関係のものは品薄になりがちです。

使う予定がある場合は早めに準備しましょうね。

その他必要なもの買うならこれかな、と検討しておいて、詳細がわかり次第準備すれば良いと思います!

お気に入りを準備できるといいですね。